全ての記事【新着順】

マルチフィラメントガットの目指すべきところ 最強のガットはナチュラルガット??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はテニスのガットのマルチフィラメントについておさらいの記事にしたいと思います。

何度か当サイトでもご紹介させていただいておりますが、
マルチフィラメントガットとは
細い繊維で束ねられて作られているガットのことです。

具体的に画像を上げると

こういった構造をとっているものをマルチフィラメントと言います。

テニスのガットの大部分を占める素材は
ポリエステルとナイロン。
マルチフィラメントはナイロン素材で作られたガットです。

このマルチフィラメントの特徴として
打球感が柔らかく、ホールド性に優れている。
というものがあります。

この打球感が柔らかく、ホールド性に優れているというところは実は目標するものがあります。
それはナチュラルガットです。

ナチュラルガットとは羊の腸を原料に作られたガットのことです。
このナチュラルガットの柔らかさとホールド感。
間違いなく全てのガットの中で随一です。

実はマルチフィラメントガットが目指すところはナチュラルに近い柔らかさとホールド感なのです。

実際にガットによってはかなり近いところまでこのナチュラルに近い打球感に近づいていると思います。
さらにナイロン素材にで動物性の素材のナチュラルよりもガット自体の耐久性はそもそも強いです。

では、現在ナチュラルとマルチフィラメントとの大きな差はなんなのか。
というとガットの伸縮力の違いだと私は考えています。

ガットが伸びて戻る力がナチュラルはすべてのガットの中でも最も強いです。
なので打球感が柔らかく、テニスをするうえでとても大事なファクターであるガットのテンション維持性もずば抜けています。
ただ、ナチュラルガットにも欠点があり、それは天候に弱いということです。
まず雨の日は使わないほうが無難ですし、
湿度の高いところで保管するとガットが傷んでしまうんです。
高温のところでもガットの鮮度が落ちてしまいますし、
とにかく繊細なガットです。

ガットの性能は目的別に分かれて評価されるべきだと思いますので、
ナチュラルガットが最強とはいいませんが

打球感の柔らかさ、ホールド感、ガットの伸縮力の強さ。
この三つを見たとき、ナチュラルガットは最強と言えるでしょう。

このナチュラルガットですが、
保存の方法をある程度クリアできてさらにこういう方にお勧めだなっていうのは
基本的に室内でテニスをされている方ですね。
全国展開しているノアなどのスクールに通っていて週1,2回のペースでテニスをしている方でナイロンとポリでは数か月ガットが切れない。
こういう方には私是非ナチュラルガットをすすめたいです笑

雨に弱いナチュラルでも室内なら関係ないですし、ガットが切れにくい方ならナチュラルのやや弱い耐久性を気にする必要がない。さらにガットは張ってからテンションが落ち続けていくものでそれは週1、2回のプレーヤーのガットも同じです。
ナチュラルは原状回復力が最も強い素材ですのでテンション維持の力も他のガットよりも強く、張るときは高いですが、長く良い状態をキープしてくれて打球感も最高となればナイロンやポリエステルを長期間放置しているものよりも格段に良い状態でプレーできる時間が長いと思います。

外でバンバンテニスするけど柔らかいのがいいという方も多いと思います。
そういう方は、雨の日は使わないという条件のもとならナチュラルでもいいと思います。
でも、ラケットが一本しかないからそういうわけにはいかない。という方も多いと思います。
そう考えるとマルチフィラメントが一番の選択になるかと。

個人的に週末プレーヤーに向いているマルチフィラメントでは
エックスワンバイフェイズ
NXT

この二つかなと思います。
まぁ私が選ぶとすればバイフェイズですかね。
本当に良いガットだと思っていますので。

まとめ
マルチフィラメントの打球感の項目に関して目指すところがナチュラルなんだよってお話しでした。
しかし、素材の強さからナチュラルではクリアできない問題をクリアできる可能性がナイロン素材で作られているマルチフィラメントガットにはあります。
すでに相当に打球感に関して質の良いマルチフィラメントガットがありますが、テンション維持に関してもナチュラルを超えるマルチが生まれてくるともっといいですよね♪

最後にここまで読んでくださってありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP