全ての記事【新着順】

錦織 フェデラー ワウリンカ勝利 ジョコビッチはキリオスに負けラケットをたたき折る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




錦織VSヤング

錦織圭がヤングにストレート勝利しましたね。
今大会はプイユ、マレー、ベルディヒ、これにジョコビッチを加えてシード選手たちがばたばたと倒れていっています。
その中で、錦織選手無事にベスト8進出です♪

試合内容も素晴らしく
ファーストセットなんかあっちゅうまに終わりました
30分ちょっとくらいだったと思います。
錦織の速い展開での攻めが上手くはまりすぐファーストセットが終わりました。

セカンドセットはヤング選手がプレーの質を変えてきたのが明白でした。
フォアハンド中心で高く跳ねるスピンショットの量が増えて錦織選手のミスを誘ってきたのがはまって1-4までいきました。
でも、さすがの錦織選手。ここでセカンドセットをヤングにあげませんでした。
ポジショニングをさらに前にとってライジングでボールをとってペースをさらにあげるポイントが目立つようになりました笑
セカンドセットはは1-4から5ゲーム連取で6-4。
ファーストは
6-2だったので
6-2
6-4
のストレート勝ち

ベスト4がけはの試合はまたも自国アメリカの選手 ジャックソックです。

フェデラーVSナダル

この試合は意外な結果になりましたね。
なんとフェデラーのストレート勝ち。
試合時間は68分です。
3セットマッチで1時間。それも世界のトップ選手同士での戦いで。
なかなかないことだと思います笑

さすが成長を続けるレジェンドフェデラーですね笑
スコアは
6-2
6-3
です

これでフェデラーはナダルに全豪とその前の大会を含めて三連勝したらしいですが、これって初めてのことみたいです笑
ナダルとフェデラーはダブルスコアに近いくらいナダルが勝ち越しているから不思議ではないのかな。。

ナダルが落ちてきたのもありますが、さらに5才年上のフェデラーはどうなっているんでしょうか笑

試合の展開は本当終始フェデラーでしたね。
少し流れがかわるかなって思うタイミングもありましたが、フェデラーがその目をピシャリと摘み取ってストレート勝ちです。

フェデラーの次の対戦相手はのバクジョコビッチをストレートで破った問題児キリオス選手笑
ジョコビッチは不調のために負けたと思います。
フェデラーの完成されたテニスにキリオスの若さ溢れるプレーがどこまで通用するかみましょう!
【キリオスは番狂わせが多いから怖い(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル】

ちなみにトップ画像の写真がそれなのですが、ジョコビッチ選手。キリオス選手との試合でラケットをたたき折ってしまいました。
今年は不調ですので、仕方ないかなー。フェデラー、ナダルが復活してくれたのでマレーも含めBIG4再建してほしいですね。

ワウリンカVS西岡

この試合は全然見れてなかったのですが、
スコアを見る限り西岡選手相当頑張りましたね。
スコアは
6-3, 3-6, 6-7 (4-7)です。
惜敗。という言葉一番近いでしょう。

ただ、すでにシード食いもしてましたし、収穫は十分にあった大会だったのではないかと思います。
まだまだ若い西岡選手ですので今後に期待しましょう!

ワウリンカはティエムとモンフィスの試合の勝者と4がけで当たりますね。
ワウリンカのテニスだとモンフィスの方が苦手そうなイメージですね。

なんだか今大会は目が離せない試合が多くて、展開が速いです。
それだけ若手の台頭が激しいということなんでいちファンとしてはうれしい限りなのですが、
いかんせん寝不足です笑

同じく寝不足の皆様決勝戦が終わるまで耐えましょう!

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP