スポーツ心理学

テニスにも賢者タイムはあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




私も長い間テニスをしていて、所謂ゾーンというものを何度か経験したことがあります。
無心でプレーできてなぜかボールが最高のコースに決まり、ミスがなくなるんですよ。

でも、最近そのゾーンに何種類かあるんじゃないかと思うときがあります。

仮に一般的なゾーンがよい例だとしたら賢者タイムは悪い例になります。

私の考えるテニス版賢者タイムとは試合に勝つことフォーカスしている状態ではなく、自分の打っているボールにフォーカスしている状態のことです。

調子がすごく良い日は、なんかボールがよく入りますよね。
そんな日に私はよく賢者タイムに陥ります。

試合の勝敗よりも自分の打っているボールの美しさを追求してしまうんです笑
馬鹿かって思われた方もいらっしゃると思います。w
私も自分で馬鹿だと思いますw

あと経験があるのが、自分よりも格上の選手に勝ったあとや自分の満足の行く完璧なプレーをしたあとですね。
というよりも普通このパターンですね笑
要は満足してしまって頭が次の試合にはいてれていない状態です。
私の場合はこの時緊張は感じなくてけっこういいボールを打てます。
ですが、ゲームメイクのことを全然考えずにひたすら強打するとか、そんな球打たなくていいのに。というのも打ち込んでしまうことがあります。

皆さんの中にもこういった経験されたことがある方はいらっしゃると思います。
所謂スポーツにおける完璧な状態のゾーンと
なんか調子よくてなんでも入りそうだけど試合には負けた賢者タイム。

私が勝手に言っている賢者タイムですが、こういった状況になった時は調子がいいのは事実で気持ちの切り替え一つで大きなチャンスになると思いますので、落ち着いて試合に勝つためにゲームメイクについて考えてみてください。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP