スポーツ心理学

テニスのチャンスボールを失敗しないための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回はテニスのチャンスボールを失敗しないための方法について書きたいと思います。

テニスでチャンスボールが苦手という方多いと思います。
私もどちらかというとチャンスボールは苦手です笑

とくに嫌いなのが相手のフレームショットやがしゃってスピン量が多いふわふわしたボールですね。
緊張しているとこういう球ってミスしがちですよね。笑

それにこういうボールミスするとすごく恥ずかしいし、気持ちが落ち込みます。
私の場合周囲の無駄な期待が気になるタイプですのでこういう球をかっこよくきめなきゅと
勝手に焦って力みます笑

なぜこういうふわふわした球の対処方を個人的に考えてみました。

まずはミスの原因ですが、チャンスボールが来た!!決めないと!と先ほども言ったように力むのが最大の原因になると思います。
技術的な問題はさておきメンタル面としてはこれが一番の原因ですね。

私はこういうときの対処は一発で決めないに限ります笑
次にきたボールを決めたらいいやくらいの気持ちでコース重視で打ち込むようにしているんです。
そうすればそのショットで決めなくても次の返球が有利になればいいや程度の気持ちになります。

これだけですごい楽ですよね。

技術的な面で考えると一般的に高い打点でうつボールは回転をあげずにフラット気味に打つのがベストと言われていますが、、
私は全然スピンガンガンかけちゃいます。
フラットで一発で決まればかっこいいし流れもくるけどミスった時のがっかり感のリスクをかんがえるとそうとうな自信のあるショットでない限りしっかりステップを踏んでボールのところまで向かい、厚い当たりでスピンをかけて次で決めればいいと回転量の多いショットを打ち込みます。

フラットでバチコーンと決められるのがベストですが、私の場合ミスをするよりもそっちのがベターだと思ってそうしています。
コツはネットの高さと弾道をイメージしてそこを通すことだけを考えることですね。

先ほども書きましたが、チャンスボールの時は細かいステップを踏んでボールを自分の最高の打点に向かうことはとても大切です。
なぜなら、チャンスボールは相手のボールに勢いがない分自分でボールにパワーをしっかりと伝えないといけないからです。
相手の強打ならば大勢がある程度悪くても相手のボールに合わせればよいですが、チャンスボールだとそうはいきません。

チャンスボールで回転をガンガンかけるのは私の持論ですが、
細かいステップを踏むことは基本ですのでしっかりトライしてみてください。

まとめ
①一発で決めずに次で決めようくらいの気持ちで打つ。
②必ずしもチャンスボールはフラットじゃなくても良い
③自分のパワーをボールに伝えるために細かいステップをする

いかがでしたでしょうか。少しでも皆さんのお役立てば幸いです。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP