スポーツ心理学

ブレークしたあとのサービスゲームはめちゃくちゃ重要です テニス試合で勝つ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は試合で勝つために重要なポイントとしてブレークしたあとのサービスゲームについて書きたいと思います。

昔も今もですが、競った試合でブレークするのはとても大変です。
相手のサービスが強力なら尚更難しい。

なんとかブレークポイントまで持っていっても良いサービスで取り戻されてしまいます。
テニスでブレークするというのはレベルが高くなればなるほど難しいです。
ブレークしないと勝てないんですが、1セットに一回できたらいいなくらいの気持ちで相手のサービスゲームは気楽にガンガン行っちゃえばいいと私は思っています。

で、苦労してブレークした後の次の自分のサービスゲーム。
これが試合で勝つうえでとても重要なんです。

私がよくやっていた間違いはブレークの喜びでいっぱいになって自分のサービスのゲームの集中力が欠けるということです。笑
今では、ゲームごとに切り替えができていますので、ブレイクしたあとのサービスもそれまでとどうように集中できています。

なぜ、ブレークしたあとのサービスゲームが重要なのか。
特に私たち一般プレーヤーにとっては重要なんです。
小さな試合の1セットの試合って正直実力差があっても流れをつかんじゃえば勝てるんです笑

極端な話大声で気合だけのプレーヤーでも何ポイントか完璧なポイントを作って叫んで相手を萎えさせてしまえば
一気に。。。

というのが起こりえるのですw

そこで例えば、3-3の相手のサービスゲームをブレイクしたとしましょう。
4-3
になります。

ここで、おちついて自分のサービスゲームをキープ。
5-3
です。
相手は、自分有利のサービスゲームなのにブレークされたら負けというプレッシャーを受けることになります。
心理的ストレスですね。

5-3側はとられても負けないので次のゲームも積極的に攻めることができますし、次のゲームでいつも通り展開をすれば試合に勝てますが、3-5側は、自分のサービスをとってさらに相手のサービスをブレイクしてようやくセットをとるチャンスを手にするのです。

これはどのゲームでも一緒ですよね。
いきなりブレークしてキープで2-0になったとします。
そのあとずっと相手はワンブレイクされてるやばい。

という心理的ダメージを与えることができます。
そのままゲームが平行で進んでも5-3で先ほどの霊と同じになります。

では、ブレークしたあとのサービスゲームをどういった心境で臨めばいいのか。
私の場合はなにか考えるとプレーにあまり集中できなくなるタイプなのでこういう勝負どころではシンプルに物事を考えるようにしています。
サービスを打つ前にこのコースに打とう。と目をつぶってサービスの弾道とコースをイメージして次のリターンがどこらへんに返ってくるか予想します。
これを毎回するだけであとは試合前に対戦相手をある程度下見した後考えた作戦を実行するだけです。

ブレークしたからこのゲームとらなきゃと考えるとかえって緊張して良いプレーができなくなるので、目の前のポイントをどう戦うか。
それだけにフォーカスしてプレーするように心がけています。

できるだけ試合の勝敗を意識するのではなくて、自分が次どんなふうに攻めるか。どういったボールを打つか、など目の前の課題というか
目標に意識することで私の場合自制心を保っているような感じですね笑

もし、この記事を読んでくださった方の中にリードを奪った後に逆転負けをすることが多い方は、
ご自身がリードして油断するタイプなのか、リードして緊張してしまうタイプなのか自己分析をしてみて、
リードして油断するタイプの方なら、ブレーク後のサービスの重要性をしっかり集中してサービスゲームに臨めばよいと思います。
一方でリードしてチャンスだ!!と緊張するタイプの方は今まで通りのプレーを続けるように心がけるか。それでは漠然としててまだパニックになるということでしたら、眼前のプレーを具体的にどうするかなどをイメージしていただければ今よりももっと集中して試合でパフォーマンスを上げることができると思います♪

少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP