全ての記事【新着順】

テニスのクセ球はそのまま残すべきか?? 試合に勝つためならあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




最近テニスエルボーのためにあまりテニスができておりません。
なのでサークルの運営の方にテニスしないでいいからコーチして!と言われてちょくちょくテニスコーチに行っております。

中途半端なコーチングをするのがあまり好きでないので、
本当の基礎の基礎から教えています。

細かいテクニックも教えてあげたいのですが、個人の感覚というものがありますのでボールにインパクトしてからスピンをかけかたなどは教えていません。

スプリットステップ。
速くラケットをセットする
ボールのところまで動く
インパクト。

あとはインパクトの時の打球のとらえる位置。当てる厚さ。
それぞれ狙うコースごとに軽くその人にあったところを教えて球出し。
打球はネット上1メートルくらいと。

私のサークルは初心者の方も多いのですが、変なクセをすでにつけてしまっている方も多くこのコーチングというのがこれまた難しい、笑

というよりも無理なレベルなんです。
今までやっていたスイングを変えることはなかなか厳しいようで。
できればもう少し、合理的なスイングにして欲しいとコーチ目線で考えてはしまうのですが、
そういった一般的なスイングではないのはボールの球質がキレイではないので試合向きです。
相手からしたらなんじゃそりゃとなります。

私の教え子にとてつもないシュート回転でストロークをする子がいます。
スライスじゃね??っていうくらいの回転なのですがその子にとってはそれが普通で割と安定している。笑

なのであえてフォームや球質を変える指導はしていません。
ただ、フットワークや打点がまちまちになっていてそれがミスの原因になっているので基本的な運動だけ覚えてもらって、実践練習を積んでもらっています。

本当に初心者の方なら一から指導して綺麗なスイングと厚いインパクトでスピンをかけるようなショットを覚えてもらうのですが、
すでに経験していてフォームがかたまっている人はなかなか直すのが難しいです。

ボールの球質が特殊でかつとりにくいボールならもう直さずにむしろ特化してしまうのも一つの手だと思います。

テニスは基本さえ押さえてしまえばそこからはゲームメイクをすればある程度は勝てます。
プロだって球質は人それぞれだし正解はないと思います。

皆さんの中にきれいなスピンがかからなくて悩んでる方も一見汚い回転のボールですが、試合では魅力的なショットになる可能性も十分にあります。

変にコンプレックスを持たずに強気に武器にしてみてはいかがでしょうか。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP