全ての記事【新着順】

しつこくボールを返してくる相手 草トーナメントレベルの対策 テニス勝つ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




テニスはミスをしなければ勝てるスポーツだと皆さんお分かりだと思います。
プロレベルのプレーになるとミスをしないことも大事ではありますが、ウィナーをとってポイントをもぎとることが勝利の必要条件になります。

もちろんとれるにこしたことはないのですが、私たち趣味のプレーヤーにとってはウィナーは必ずしも勝利の必須条件にはならないと思います。

私の出ている大会の一、二回戦にはうまくはないんだけど、ボールをひたすらつないできてめんどくさい。
という相手が必ず数人います。

すこし打つくらいではふわふわしたボールが返球されてきてラリーがいつも通り続くし、強打するとカウンターもたまにくる。
とても厄介な相手ですよね。

この時に、あまり無理にハードヒットをすべきでは実はないんです。
相手を圧倒できる自信がある方は攻めてください。

おそらく、対戦相手にとって相手がハードヒットしてくるのはすでに作戦の範疇だからです。
相手に無理に打たせてミスを誘う。もしくは相手のボールの力を利用してカウンターを打つ。
これがしつこくボールを返してくる相手の狙いです。

だから、わざわざこの作戦に乗ってあげる必要はないと思います。

ここで私がとる作戦としてはまず、相手と同じボールを打ちます。
相手が実力があるのならここで大抵打ち込んできます。
打ち込んでこない相手だったらそれだけで底がしれますよね。
返すことしかできないプレーヤーなわけです。

一息つけますよね。
なんだこの相手には自分がミスらなければ負けることはないんだと。

で、打ち込みことができる相手なら話はもっと簡単です。
相手のプレーの真似をしてあげます。
相手が少し打ち込んだらそれをカウンターしてあげましょう。
そこまで決定打でなくてよいです。
相手からすると自分のプレーを真似された。自分のいつものリズムじゃない。
これだけでやりにくく感じてくれるものです。

あとは、ハードヒットしない分コートを広く使ってプレーしましょう。
ドロップなどで相手を前に引き出してもいいですね。
甘いストローク一辺倒の選手はプレーに応用がきかないので、前にでるだけでもストレスがかかるケースが多いです。
そこでロブ、またドロップなどでもいいです。
もちろん、パッシングショットを使ってもいいですよね。
こういったタイプのプレーヤーはあまりボレーも上手じゃありません。

こういったプレーヤーは自分のプレーに自信がないために相手のミスを誘うプレーしかできないので、
コートを広く使ったテクニカルなポイントのとり方を何度かやると心が折れる傾向もあります。

なんかこいつ性格悪いなと思われそうな記事です。笑
でも本当に勝たないといけない試合とかには使える作戦なので参考にしていただければと思います。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP