全ての記事【新着順】

相手のサービスが遅くて弱い時の対処法 テニス上手くなる方法 試合に勝つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は相手のサービスが遅い時の対処法です。

実はプロの試合を参考にしてリターンの練習をすると痛い目に見ることがあるので要注意なんです。
なぜならプロが打っているサービスは200キロちかい剛速球を返球しているのですが、
私たち一般プレーヤーが受けるサーブなんて速くて150キロ遅くて100キロにみたないんです。

プロの当てるだけなリターンのフォームも私たちが受ける100キロのサーブでやればパワー不足のチャンスボール。
ということにも十分になりえます。笑

あくまでプロのリターンは競技レベルの話で私たち一般プレーヤーはそうでなくてもよいということです。

遅いサーブを返球するときのコツなんですが、
プロと同様にコンパクトにする必要はあります。
いつものようなテイクバックだともしビックサーバーとあたった時に困ります。
コンパクトにテイクバックして自分のいる位置までボールくるまで時間がかかるので細かくステップしてリズムを整える。
ここからが大事です。
サーブにスイングを合わせるのではなくてあくまで自分のスイングスピードを維持してください。
速すぎるのは無駄なミスの原因になります。これは、ゆっくりなボールに自分のスイングのリズムを崩されないためでもあります。

とてもシンプルなことですが、本来相手のチャンスであるサービスが自分の適切なスイングスピードで始めることによっていきなり自分のリズムでプレー開始となるのでこれを習得すると草トーナメントでは効果抜群です。

まとめ
①コンパクトなテイクバック
②細かくステップを踏んでボールが遅いボールにリズムを狂わされないようにする。
③遅いボールに合わせず自分のスイングをする

以上三点を相手のサーブが遅い時に意識して取り組んでいただければグッとチャンスが触れると思います。
少しでも参考になれば幸いです。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP