ガット ドッグ

ピンチの時にネットミスをする人のガットドッグ ガット相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は友人のテニスコーチに自分に合っているガットを聞かれていろいろと考えて決めたのでそれについて書きたいと思います。

私そのコーチとは現在いっているテニスサークルで出会ったのですが、
テニスの大会ではぎりぎり予選を通過するが本戦では競って負ける選手といった印象でした

彼の希望はガットにホールド感があって食いつくものでずしっとした打球感のものということでした。

まず、ホールド感があって食いつくものを前提に彼のプレースタイルやミスの仕方にあっているものを選びました。
彼の試合でのミスはネットミスが多くて少しアウトミスがあるという感じで、
ボールに威力はなくポーチを打っても相手に取られるということも少なくありませんでした。
気になるのは弾道の低い威力のあるボールが基本なのですが、体勢が悪いときそれがさらにぎりぎりのところを通る傾向があって、
ミスになるのはあと10センチネットより高かったら入るのに。というボールが多かったことです。

またサービスでは大事なところで腕が振り切れずにネットでのダブルフォルトが多い。

これはかれが非力なのではなくて、ラケットとガット・テンションの選択があまりあっていないということもあると思います。

使っているラケットは
スリクソンの赤色のやつ「ラケットの名前忘れました笑CXシリーズだったと思います」
ガットはアルパワー
テンションは57ポンド

スリクソンラケットは周りでは柔らかいと評判ですよね。
ただ、ピュアドライブやピュアアエロ・ほかの反発系ラケットに比べてきちんとインパクトできないとボールが飛ばない傾向があると思います。
ガットは柔らかいアルパワー、この選択はあながち間違いではないと思います。
テンションの57ポンド。
ネットミスが多いのならばちょっと高すぎるテンションな気がします。

彼自身はアウトミスを気にするタイプです。
ネットミスは多いですが、スイングは速くて打っているボールも基本的に強力です笑
振り切ったときにアウトするのがいやなんでしょうね。
思い切ってスイングできないのは不安のようです。

しかし、私の見立てでは、ネットミスはガットの調整で治せて、アウトは技術的なミスだったので、アウトするミスは無視することにしました。

とりあえずネットミスもアウトミスもスピンの量が足りずに弾道が浮かずにネット、落ち切らなくてアウトするわけです。「アウトミスは単純に打ち損じの可能性があります。」
ホールド感があるガットって意外と反発力が強いんですよね。
彼の感じでは反発系のポリエステルはたぶんこのまない性格だと思いました。
なのでホールド感があってスピンがかかりほかのホールド感があるガットと比べると飛びを抑えてくれるガット。

今回の私の回答はルキシロンのオリジナルとなりました。
まず、打球感が柔らかくホールド性が強い。スピン性能もばっちり。ゲージが1.30mmのみで打球感がずっしりで反発力もほかのものより抑えられる。
反発力も悪いわけではなくボールの威力は十分出る。

次にガットのテンションですが、57から46にガクッと下げました。
実は50ポンドくらいまでにしてくれと言われていたのですが、
46で勝手に張りました笑

使った後に実はそれ46ポンドだよって話はしました笑
なぜ46ポンドにしたかというと体勢が不十分なスイングでゆっくりになった場合低いテンションのほうがスピンがかかりやすいのでフォアハンドのネットの確立を減らせると思ったのと
単純にホールド感も感じやすいと思ったからです。

どうようにサービスも緊張してがちがちなスイングでも回転がかかりやすい傾向があります。

で、実際に彼に張り上げたラケットを使ってもらったところとてもあっているようでした。
ぶっつけ本番で試合に挑んでもらって最初はストロークのアウトが目立ちましたが3ゲーム目くらいになるとストロークのアウトの数は激減して、
苦しい時のスイングでもネットせずに良いボールが飛んでいました。

ガットの反発力とテンションを落としたことで通常のストロークの威力も高くなりストロークだけのポイントも増えましたし、
ポーチも生きたボールが飛んでいました。

彼自身、一番良いと感じたところはサービスだったようでファーストの確立も上がりましたし、ないとは言えませんがダブルフォルトの数も少なくなったと思います。

彼が負ける理由の第一に自分のサービスゲームを落とす。というのがあったので、
今回のガットチェンジでサービスキープの確立が上がれば私にとっても脅威な選手になるかもしれません。
まさに敵に塩を渡してしまったわけです笑

まとめ
①普段から弾道が低いプレーヤーで相手にふられたときにネットのミスが増える方。
この場合でもし現在お使いのラケットが固め、もしくはガットが固め、テンションが高めの方は
ラケットはなかなか変えずらいものだと思いますので、ガットをやわらかくホールド性のあるもの、もしくはスピンアシストの強いものにする。
ガットのテンションを少し下げる。といったことが有効になってくると思います。

②ポーチが一発で決まらない。
技術的な要素を抜きにして ボールの威力が足りずに相手に拾われることが多い方。
ガットが固いためにボールの飛びが悪いことが考えられます。
なので現在お使いのガットよりも反発力を強めたガットを使えば威力は出るようになると思います。

③サーブのスピンサーブがネットにかかる。
これは①と同じ内容になります。

いかがでしたでしょうか。
今回は私の知り合いのテニスコーチのガットのドックというものをしました。

とても気に入ってくれたみたいなので早速ロールで購入するそうです。
本人の希望に沿いつつ、その人にどういった要素が必要なのか。
考えて喜んでくれたらうれしいです笑

一応今回私が友人に紹介したオリジナルの商品のリンクをご用意させていただきますね。
最安値やカラー等詳しく知りたい方はご確認ください♪
オリジナル 最安値一覧

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。
最後にここまで読んでくださってありがとうございます♪








フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP