全ての記事【新着順】

2017年 フェデラーはちょっとジャイアンぽい 今年フェデラーが勝ちまくってる理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




フェデラーは昨年の中盤で膝のけがのためにリタイヤ。
2017年復活を遂げてから
全豪オープン優勝。
マスターズ二勝。
と絶好調。
現在負けたトーナメントは一つ。

勝敗数は19勝1敗。

ほとんど全盛期の試合結果といってもいいと思います。

今回はなぜそういった結果になっているのか考えてみました。

理由① ビック4の崩壊

ビック4と言えば
フェデラーを加えた
ナダル
マレー
ジョコビッチ
彼らの出現によってテニス界は10年以上の間新人の目が潰された氷河期と言ってもいいと思います笑
ベスト4に彼らだけが残るという試合もおおかったと思います。

ですが、昨年はジョコビッチ、フェデラー、ナダルが調子を崩し、
マレーが悲願のチャンピオンに立ちました。

2017年になって、マレー、ジョコビッチともにぴりっとせずにいつものプレーをしていればまず負けるはずのない選手に敗北を喫することが多くなりました。
ナダルも大会の結果をみれば依然のナダルが戻ってきたと思われがちですが、プレーの質を考えるとまだまだ依然のナダルとはくらべものにはならないと個人的に思っています。

フェデラーも昨年は調子を崩しましたが、今年はここ数年では見ることのなかった圧倒的なフェデラーを見ることができています。

今までの最大のライバルであったらビック4の崩壊。
フェデラー自身のプレーも最高にいいですが、これが一番の理由になると思います。

フェデラーの潔さが神がかっている

プレーも神がかっていますが、今年のフェデラーは潔さも神がかっています。
フェデラーが今年3つ目のタイトルをとった時点で出場した大会は4つだけ。
ほかのプロ選手はというとトップ選手は6試合ほどの大会に出場していました。

これはフェデラーがベストなプレーをするために休養をとるための出場数の減少ですが、これでこの成績を残していることはふつうありえないですよね。
勝ちたい試合だけ出て、もぎ取っていく。
もう、あれですね。
今年のフェデラーはほとんどじゃいあんみたいなもんです。

なにが言いたいかというとたくさんの試合に出て、たくさんのポイントをとれる可能性を捨てて、
潔くベストなプレーができる範囲で試合に出ているということです。




圧倒的な展開力の強化

2017年のフェデラーの最大の特徴は展開力が依然よりも圧倒的に進化していることにあると思います。
パワーやフットワークは10年前よりも確実に衰えていますが、それをほかのプロのプレイヤーよりも数段優れているプレースメントで圧倒している。
そのように感じます。ボールを自在に操る能力。攻めの速さ。
テニスレベルにおいてまさに最強の選手と言えると思います。

勝つプレッシャーから解放された

今までのフェデラーも言っていたことですが、目的は勝利ではないというニュアンスのコメントが増えてきました。
今年に関してはここまで勝てると思っていなかったや、調子が良すぎる。
などとお前フェデラーか?と思わされるコメントもちらほら。

あんなプレーしておいてねw
チャンピオンから引きずり降ろされた苦しい期間。
けがでテニスができなかった半年。

たくさんのことを乗り越えてきたフェデラーの最近のコメントは
インタビューで今年は年間ポイントで一番に返り咲きそうですねという質問に対して

「それは今の私のゴールではないんだ。今は健康であることで、ただただ幸せなんだ。今季序盤はおとぎ話のようだ。ここからどうなるか楽しみだよ。今はオフを取れて嬉しいんだ」
とレジェンドの一言。

プレッシャーから解放されたレジェンドの今後が楽しみですね笑

以上、2017年フェデラーが勝ちまくっている理由について考えてみました。
前回優勝したマイアミオープンからテニスのプロとしてはありえない8週間のオフに入っています。笑

クレーコートはラリーが長く続くサーフェイスなので大事をとっているのかもしれません。
なんやかんやフェデラーの今年の目標のひとつにウィンブルドンを万全の状態で臨むというのはあると思います。
その予防策として今は休憩をとっているのしょう。
なんにせよベストなフェデラーが見れるのなら回数は減ってもいいと思うのがファンの思いですw

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP