全ての記事【新着順】

テニス サービスアンドボレー 友人のプレーがちょっと惜しいと思ったところ 上達法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




今週の日曜日、一昨日ですね。
テニスの団体戦の大会に出場しました。

男子ダブルス3本の団体戦で私を含め4人のメンバーで出場してきました。
結果は予選、決勝を含めチーム全勝できました。

とても満足の行く結果だったのですが、友人のプレーでちょっともったいないかなと思ったところがあったのでそれについて書いていきたいと思います。

参考例

26歳の友人の話です。
テニスレベルは上級。
フォアハンドが少し癖があって、スライダーとまではいかないかな。
カープのようにボールが変化します。クロスラリーしてると逃げていくのですんごいやりにくい友人なのですが、
サービスがとても良いんですよ。
ファーストもセカンドも速度の差は少なく、セカンドも回転量を増やしつつかなりボールのスピードが出ています。
で、私の友人はサービスアンドボレーをするのですが、良いサービスの分ボールがかなり高確率で浮いてきます。

で彼の弱点なんですが、浮いたボールをたたくのが苦手なんです。
なのでファーストボレーを良くネットしてしまうんです。
ダブルスでこれってけっこう痛いんですよね。笑

これの解決方法なのですが、できるだけ前につめてボレーすることですね。
彼自身実力はあるのでそれに気づいていて余裕のある試合ではポーチせんといて!!
とサービスアンドボレーをいかに早く詰めるか練習していましたw

個人的にはボレーをする時のラケットワークが問題かなぁとは思っています。なんで今度会った時に言おうかとw

あと彼の場合、何故か難しい処理はぴか一で上手いんですよ。
ローボレーとかショートバウンドとか目を見張りますよほんとw
なので、かなり極端な意見ですが、もうサービスの速度を落としてあえて相手に叩かせて難しいボレーをしてしまえばいいのではないかと思います。

実際私も肘が痛くて速いサービスが打てないのですが、相手が強打してくれると面を合わせるだけですのでとても楽です。笑
相手のフレームショットや浮いたボールっていうのは一見チャンスボールですが、自分でしっかりをボールにインパクトして運ぶ必要があるので力んでしまうとなかなかうまくいかないときもあるんですよね。

けっしてマネしろとはいいませんけど、私は今のところ肘のケガでサービスの速度が落ちたことでなかなかリズムの良い試合ができているのではないかと思います。
なのでファーストボレーで浮いたボールをミスしてしまう!!
という方は浮いたボールを打つ練習して克服することがベストですが、いざ試合中にこれはダメだとなったとき、相手にあえて強打させてみてはいかがでしょうか。




もう一人の友人のうまいなと思ったところ

今回の団体戦4人チームで出場して、私とこの友人は少し前の個人ダブルスで優勝した組み合わせです。
この友人とてもテニスがうまいです。
なにが、上手いか。タイミングをずらすのが上手いんですよね。
タイミングをずらすというのは具体的に言うと打つタイミングと打点を変えるんです。

例を出すと、アングルに打つときは速いタイミングでボールを打つのですが、彼の場合はストレートのタイミングで高速スイングで一気にアングルもっていったり、
手首のしなりで無理やりアングルにもっていったり、
特にすごいと思うのは、自分が苦しいタイミング。相手の前衛はポーチを考えますよね。
彼は、前衛が動いてからコースをストレートに変えれるんですw

これを打つのには条件がそろう必要はありますが、タイミングやコースチェンジなどの小技が使えればダブルスではかなり有利になると思います。
また、彼の場合相手に上手いことプレーさせるんですよね。
くだらないミスはゼロです。
ロブを上げるときは、必ず相手のバック側。
ボレーは足元に沈める。
相手の逆を突く。
どれも完璧ないわゆるスーパーショットではないのですが、要所を抑えたミスのないプレーが黒星のつかない理由だと思います。

まとめ

①ファーストボレーはできるだけ速く前につめてしまう。
②浮いたボレーが苦手なら思い切って速度を落として相手に攻めさせるのも一つの手
③ダブルスではスーパーショットよりもちょっとしたテクニックが有効。

いかがでしたでしょうか。
私のちょっと偏った考えもありますが、案外うまくいきますよ!笑

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP