全ての記事【新着順】

【鍋状の器】杉田祐一の勝利 大金星と見るか大器晩成と見るか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




杉田選手、第9シードのガスケ選手に4-6, 6-3, 7-6 (7-3)で勝利しました。
本当よく頑張ってくれました。

ガスケ選手は今は少しランキングを落としましたが、安定してずっと高位のランキングをキープしていた、私の印象では目立った成績はあまりないけど取りこぼしのない負けない選手です。
個人的には杉田選手がタイプ的に第10シード内で最も勝ちやすい選手ではないかと思っていました。

杉田初戦突破

こちらの記事でそう書いたのですが、杉田選手これから楽しみですね。
試合に勝ったとき本当に嬉しそうでしたし、この勝利は一回戦のロブレド選手より確かな自信につながる試合だったと思います。

これが最後のポイントです。

杉田選手のプレーを知らないという方意外と多い気がしますので何本か動画をアップしたいと思います!

本当に美しいテニスをします。笑
フォアハンドはクロスに打つことが多くストレートや逆クロスを多く使う現代テニスでは割と珍しいスタイルかなと思います。
バックハンドはストレート、クロスともに高い精度でショットをバランスよく打っています。
試合全体を通して安定したプレーでショットも無駄なミスを避けるために強打するボールとつなぐボールをきっちり分けています。

個人的な意見ですが、この勝利 尾崎選手や西岡選手がシード選手に勝った時に使うような大金星という言葉では軽いように感じています。
テニスの完成度や安定性、タクティクス全体を見て、今の成績は大金星ではなく大器晩成に近づいていると私は思っています。

ガスケ選手にはほかのトッププロほどの一発逆転のパワーショットがあまりないので杉田選手にとってはやりやすい相手という評価は変わりませんが
杉田選手のプレーレベルはやはりトップ20には入って遜色ないものです。

本人にも当然と思ってほしいですね。笑
私プロの試合十年近くかじりついてみていた人間なので目は肥えていますw

杉田選手がほかのトップ選手と戦っていくための最後のピースを考える。

ガスケ選手に勝利したので、必然と杉田選手の目標もこれから見えてくると思います。
次の標的になる選手だと
ティエム、ツォンガ、ソック、プイユなどがガスケよりも世界ランキングの高い選手です。
彼等トップ選手にあって杉田選手に欠けているものは一発ですよね。笑

杉田選手が積み重ねて積み重ねて作ったブレークポイントやサービスポイントもトップ選手のリスクを挙げた一発のショットで並ばれる。
流れを引き寄せられる。
同じような強打【一発】でなくてもいいと思います。ボールの角度やタクティクスの充実、空間を使ったプレー。
現在のテニスが安定してミスも少ない、ある意味理想に近いプレーをしているのでもう一味スパイスを追加してほしいなと思っています。

まとめ

長々と書いてしまいましたが、杉田選手本当に素晴らしい試合でした。
題名の鍋状の器ですが、大きな器は簡単には作り上げることができないということから、すぐれた人物は時間をかけて実力を養っていくものなので、大成するまでに時間がかかるという意味です。
大器晩成と同じ意味ですね。
まだ大器晩成してはいないと思います。
私の意見のまとめとしては、決して大金星っていう表現では収まらない勝利で、大器晩成の器が完成しつつある段階と思っています笑

順調にこれから試合を重ねていって杉田選手がどのように進化していくのか、今一番楽しみな日本人プロですw
ニュースでも大金星!錦織の代打活躍!と騒がれているのでこの注目を利用して実力を見せつけてほしいですね♪

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

    • たまご
    • 2017年 4月 27日

    ほんと素晴らしかったですよね。
    もう少しフォアやバックなどムーンボール的な緩急をつけられれば、本当に錦織選手と遜色ない気がします。
    あとは錦織選手も合わせてサーブですよね。ガスケ戦はファーストが高い確率で入っていたのでよかったですが、
    もう少しエース取れたり、押し込むことができればもっと楽に勝てたなーと思います。
    次のカレーニョブスタ戦も頑張ってほしいですね!

    • しおぴー
    • 2017年 4月 27日

    杉田選手おめでとうございます!

    丁寧で美しいストロークはいつまでも見ていられます笑
    次戦も応援します!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP