全ての記事【新着順】

フランス新聞 錦織をマラソンマンと表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




フランスの新聞が錦織選手のことをマラソンマンといっているのを見つけました。

マラソンマンとはおそらく漫画のことをいってるのだと思います。

簡単に説明すると
飲んだくれのタクシー運転手のパパで人生積みかけの状況だったのですが、昔は日本で期待された陸上のホープだったのです。
で、元妻に息子の親権を奪われそうになって家に帰ったときに息子が自分の陸上選手時代の写真に埋もれて寝ているのを見て陸上選手としてカムバックするというストーリーです。

これが第一部でシリーズとしては第三部まで行くようです。

おそらく錦織のファーストセットはかなり普段の錦織とは違っているダメ具合とそのあとの劇的な逆転がマラソンマンの第一部のストーリーと被ったのだと思います。笑

このマラソンマンと書かれた試合は先日のベルダスコ戦のことを言っています。

0―6、6―4、6―4、6―0
で錦織が2時間30分ほどの試合を制しました。

ファーストセットは明らかに錦織が悪かったのですが、ベルダスコも疲れが出ていました。
特に後半は足が止まっていました。
錦織が勝ってくれてうれしいのですが、ベルダスコも個人的に大好きな選手だったのでお互いに疲れを残していない状態での試合がみたかったです。w

錦織の次の試合はマレーですね。
今年は銚子を落としていたのですが、なぜかフレンチオープンで上げてきました。
このまま落ちてくれていたらよかったのに。。

今大会はデルボトロにも勝利していますからね。
調子は悪くないはずです。

過去の対戦成績を見てみると

<2016年>
ATPツアー・ファイナルズ予選 A・マレー 6-7 (9-11), 6-4, 6-4 錦織圭
全米オープン準々決勝 錦織圭 1-6, 6-4, 4-6, 6-1, 7-5 A・マレー
リオデジャネイロ・オリンピック準決勝 A・マレー 6-1, 6-4 錦織圭
デビスカップ A・マレー 7-5, 7-6 (8-6), 3-6, 4-6, 6-3 錦織圭
<2015年>
ロジャーズ・カップ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭
ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 A・マレー 6-3, 6-4 錦織圭
<2014年>
ATPツアー・ファイナルズ予選 錦織圭 6-4, 6-4 A・マレー
<2013年>
ブリスベン国際準決勝 A・マレー 6-4, 2-0 途中棄権 錦織圭
<2012年>
全豪オープン準々決勝 A・マレー 6-3, 6-3, 6-1 錦織圭
<2011年>
上海マスターズ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭

2勝8敗と分が悪いです。
まぁマレー本来めっちゃ強いですからね。

錦織との試合の予想はマレーが勝つ確率のほうが高い気がしますが、錦織選手にも勝つチャンスはいくらでもあると思います。
一番の不安要素はいつも通り、ケガですよね。笑

今日試合があるので、みなさんで応援しましょう♪

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP