全ての記事【新着順】

ファンカルロスフェレーロ プレースタイル ラケット ガット まとめ プロテニス選手 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【プロフィール】

名前 ファンカルロスフェレーロ

生年月日 1980年2月12日(37歳)

出身地 スペイン

身長 183cm

体重 73kg

右利き(フォアハンド片手、バックハンド両手打ち)

プロ転向年 1998年

プレースタイル

プレースタイルは完全なストローカーでした。
バックハンドはミスが少ないがそこまで協力であった印象はなかったです。
キャリアを積み重ねてからはバックハンドのクロスの精度がぐっと上がったように思います。
ストレートも一発はないですがミスも少なくまとまったバックハンドを持っていたと思います。

バックハンドは並という評価ですがフォアハンドは当時としては最高峰のスピンショットを打っていたと思います。
特にクロスのフォアハンドの回転量は素晴らしく逆クロスの威力も素晴らしかったです。
テニスのお手本となるフォアハンド主体のストローカーです。

またタッチセンスもよかったのでストロークで相手を後ろに下げてからの美しいドロップショット。
見ている視聴者を楽しませるといった点でも優れていた選手です。
現役時代はテニス界の貴公子と呼ばれていました。
そのくらい人気もある選手でした。




【主な戦績】
全豪 ベスト4(2004)
全仏 優勝(2003)
全英 ベスト8(2007・09)
全米 準優勝(2003)

ツアー通算 16勝
シングルス 16勝
ダブルス 0勝

グランドスラムの優勝は2003年のフレンチオープンのみとなっています。
ですが、世界ランキングは2003年に1位を取っている数少ないチャンピオンの一人。

【最高ランキングランキング】
シングルス 1位(2003年9月8日)
ダブルス 198位(2003年2月3日)

使用ギア

フェレーロの使っているラケットはあまりはっきり覚えていないのですが、海外サイトをちらほらと検索したら当時使っていたラケットの情報が出てきました。
【テニスラケット】
プロとして活躍し始めたころはプリンスのグラファイトを使っていたと思います。
それからEX O3 TOUR【プリンス】
調子の落ちた2004年頃からヘッドに契約を変えラジカルのフレックスポイントのシリーズを使っていたと思います。
黒塗りのラケットを使っていると騒がれていた時代もありました。

【ガット】
ガットに関しては割と有名でオリジナルを使っていました。

私もお気に入りのガットの一つで反発性とスピン性能にとても優れているガットです♪


フェレーロとサフィンの試合です。
この試合はサフィンがえぐすぎますが、フェレーロもびっくりするくらい諦めない。
とても面白い試合です。


実は錦織と対戦したこともあります。

いかがでしたでしょうか。
すでに引退している選手であまり興味のない記事だったかもしれませんが、
フェレーロが運営しているテニススクール出身で世界で活躍している選手もいます。
カレノブスタやアルマグロがトップで活躍しています。
美しいプレーなので動画で見て参考にするのもとても良いと思います。
最後にここまで読んでくださってありがとうございます♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP