全ての記事【新着順】

AEGON選手権とは ATP500

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




2017年ナダルが欠場を発表したAEGON選手権とはどんな大会なのか。

今回はAEGON選手権について書いていきたい思います。

この大会は毎年6月下旬にクイーンズ・クラブ【会場名】でウィンブルドン前哨戦として行われる大会です。
1971~1973だけ女子の大会もしていましたが、それ以降は男子のみの大会となっています。

また2015年からATP250から500に格上げになっている大会でもあります。

過去10年の優勝者を見ると
2006 レイトン・ヒューイット ジェームズ・ブレーク 6–4, 6–4
2007 アンディ・ロディック ニコラ・マユ 4–6, 7–6(9–7), 7–6(7–2)
2008 ラファエル・ナダル ノバク・ジョコビッチ 7–6(8–6), 7–5
2009 アンディ・マレー      ジェームズ・ブレーク 7–5, 6–4
2010 サム・クエリー マーディ・フィッシュ 7–6(7–3), 7–5
2011 アンディ・マレー ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 3–6, 7–6(7–2), 6–4
2012 マリン・チリッチ ダビド・ナルバンディアン 6–7(3–7), 4–3 失格
2013 アンディ・マレー マリン・チリッチ 5–7, 7–5, 6–3
2014 グリゴール・ディミトロフ フェリシアーノ・ロペス 6–7(8–10), 7–6(7–1), 7–6(8–6)
2015 アンディ・マレー ケビン・アンダーソン 6-3, 6-4
2016 アンディ・マレー ミロシュ・ラオニッチ 6–7(5–7), 6–4, 6–3

地元開催のマレーが幅をきかせている大会ですね。

ちなみになんですが、1992年に松岡修造選手がこのAEGON選手権で準優勝をしています。
ビックサーバーだった松岡修造選手にとって相性の良いコートだったんでしょう。

われらが錦織選手にもいつかこの大会を優勝してほしいですね。

グランドスラム・ウィンブルドンの前哨戦のこの大会の結果はウィンブルドンにもかなり影響を与えそうです。
皆さんも毎年のウィンブルドン直前に行われるAEGON選手権注目してみてはいかがでしょうか。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP