全ての記事【新着順】

日本人が最もあこがれるべきテニス選手【純日本産プロテニスプレーヤー】杉田祐一 ウィンブルドン初戦突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




先日、日本人三人目のATPツアー250を優勝した杉田祐一選手。

彼の優勝はただ松岡選手。錦織選手と同じ優勝というわけではありません。

というのも杉田選手。
完全に日本育ちで日本の高校。日本の大学。国内のツアーから世界へ羽ばたいた選手です。

錦織が世界のエリートとすると、杉田は日本のエリート。
そんな表現がしっくりくるのではないかと思います。

錦織は12歳くらいでしょうかね。
日本の全国大会を優勝してアメリカで英才教育を受けていました。

最近の杉田選手の快挙は日本教育でも世界で活躍できるというのを事実上初めて証明している素晴らしいことです。
錦織の方が成績やプレーではやはり何枚も上手ではありますが、
世界の英才教育を受けた錦織よりもむしろすごいことをやっているような気がします。

野球はあまり詳しくはないのですが野茂投手は単身アメリカに乗り込んで抑えとして素晴らしい活躍をしましたよね。
テニスで言えば杉田選手がこれにあたると思います。

純日本原産100%。
今日本でプロを目指している学生やプロにとって杉田祐一選手ほどお手本にすべき選手はいないと思います。
テニス奨学金がもらえるほどの成績を残している方は錦織を目指して渡米することが理想だと思いますが、
それができるのはほんの一握りの人間で、その他大勢の方にとっては杉田祐一選手はまさに野茂投手。

日本で頑張っても世界で活躍できる。そんな希望を与えてくれる錦織以上の存在だと思っています。

先日は5度目の4大大会で初勝利を飾り波に乗っています。
このままいけるところまでいってほしいですね。

最後に杉田選手の一回戦後のコメントをご紹介したいと思います。

「苦労してよかった。腐りかけても、戻ってこられた。そんな人生を経験できた」

28歳と遅咲きの選手ではありますが、この言葉は成績が残らなくても諦めず頑張ってきた。努力を続けてきた。
こんな短い言葉では表現できないような思いがあったのだと思います。

私日本人で今一番好きなプレーヤーですね。
是非皆さんも杉田選手応援してくださいね♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP