全ての記事【新着順】

【長文注意!】ピュアドライブ2018レビュー前にレビューをがっつり予想【インプレ・感想・使用感・予想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生粋のピュアドライブ使いなので新作のピュアドライブが気になり、海外サイトを駆けずり回った結果、新作ピュアドライブ2018のテクノロジーについて粗方知ることができたと思います。

なので今回は皆さんも気になっているであろう新作ピュアドライブ2018年のテクノロジーについてまとめてみたいと思います。

加えてテクノロジーからわかるラケットのレビュー予測も書きますので長いですが、皆さん付き合ってください♪




①マイタケマンさんからの情報diamond shaped grommets

マイタケさんからいただいた情報ですが、英語ページではダイアモンドシェイプグロメットという名前で紹介されていました。
今までのピュアドライブのグロメットは丸形だったのですが、多角形になるというものです。
ピュアアエロはオーバル形状【FSIスピン】。
ダイアモンドの形の多角グロメットということは何角形なのでしょうか。
ダイアモンドの結晶構造は多くが8角形。
16面体や6面体もあるようです。

なので一般的なダイアを指す8角形が妥当なのかなと思っています。

マイタケさんの5角形説の可能性もあります。
なのでピュアドライブ2018年は5角形or8角形のグロメットを採用していると思われます!

【追記 2017年7月17日】
私の友人で実物を見たという強者の友人がいまして、新しいピュアドライブ2018のグロメットは6角形とのことです。
どのような違いが出るか楽しみですね!

FSI Power

このテクノロジーが採用されているラケットは日本でも世界的にもかなり人気があるラケットピュアストライクです。
現行ピュアドライブ2015に搭載されているテクノロジーはFSIテクノロジーというものです。


これはプロの選手が実際にどこでボールを打ってんだ??
というのをバボラが調査したところ従来のスイートスポットとされていたところをよりも先でボールをインパクトしていることがわかったのでじゃあスイートスポットをラケットの先端に移動させようというテクノロジーです。
なのでFSIが搭載された2015は、その前にモデルよりもラケットの先のほうの目が細かい仕様になっていました。

個人的に2015年モデルはボールスピードとともにボールの威力も出しやすいモデルで今までのモデルに比べるとやや競技者向きのラケットよりになっていたのではないかと思っています。

そして今回ピュアストライクに採用され新作ピュアドライブ2018にも搭載されるFSIパワーですが、どんなテクノロジーなのかというと
メーカー説明では

ストリングのマス目を従来モデルよりも上下に拡大することにより、コントロールを落とすことなく、あらゆるショットにおけるパワーアップを実現しました。

とのこと。

コントロールしやすいのはラケットの形状や厚みによるところが大きいと思っている人間ですが
ピュアストライクは本当に評判もよく私も個人的に超絶おすすめのラケットですのでこのテクノロジーの採用は成功したのだと思います。

バボラの代名詞とも呼ばれるコアテックスが内蔵

ピュアドライブ、アエロプロドライブシリーズでバボラが長い間採用し続けているコアテックステクノロジー。
これはグリップ部分の先についているパーツでインパクトの時の振動を吸収してくれるという優れものです。

ピュアドライブユーザーの方ならほとんどの年代のラケットについていますのでご確認ください。
で、このコアテックスが新作のピュアドライブ2018では内蔵するとのことです。

このコアテックスの内蔵はピュアアエロから始まりました。

ピュアアエロにはコアテックスが見えないですよね。
これも内蔵されてだけでコアテックスはちゃんと使われています。

理由は風の抵抗を極限まで抑えるためで新作にも搭載にも搭載されています。




ピュアストライクのウーファーを採用??

このウーファーというテクノロジーはグロメット部分に丸みをつくりガットの動きを良くするというテクノロジー。
ガットのメーカーとして誕生したバボラならでは発想のテクノロジーです。

これは海外サイトの掲示板の噂程度なのですが、ピュアストライクに近いもしくは同じウーファーを採用するのではないかということです。

ちなみにピュアアエロのウーファーはグロメット内部に内蔵されています。

このピュアアエロのように内蔵されることはおそらくないと思いますが、ピュアドライブ2018のコアテックスが内蔵なのでウーファーも内蔵されるという可能性も捨てきれません。
近々公表されると思いますのでその時のお楽しみですね。

デザイン

これに関しては今までの記事でもご紹介していますので簡単にいきます。
新作のピュアドライブのデザインは

こちらでもう間違いありません。
青色のデザインほんのりスリクソンに近いと感じているのは私だけですかね??笑

これは2009年のピュアドライブに少し似ています。

今までのピュアドライブよりも柔らかい??

私どちらかというと実際に自分で使って肌で感じて判断するタイプですのでここらへんの難しいことは詳しくないんですが、
ピュアドライブ2018ということなので頑張ってみました。

ラケットにはStiffness【RA】という数値があります。
数値が高いほど硬いラケットとなるようなのですが

ピュアドライブ2015はこのRAが72です。

スペックの上から5番目に72と書いてあるのがわかると思います。
ピュアアエロも72
ピュアストライクはシリーズによって違いますが柔らかいもので65硬いもので67となりました。
新作のピュアドライブ2018はこの数値が69とのこと。

ピュアストライクとピュアドライブでは柔らかさの違いをけっこう感じましたので
この数値が違うと体感では感覚がけっこう違うと思います。

しなるラケットといえばプロスタッフシリーズですが、プロスタッフ97のRAの数値は66でした。
やはり、この数値で粗方、ラケットの硬さというのはわかってしまうようでこの記事を書くためにいろいろ勉強しましたが、調べてよかったです笑

この数値が低いとしなりが多くなるという方もいますが=しなり。ホールド感というわけでもないかと思います。
ほとんど=柔らかさの認識は間違いないと思います。

やはり素材やテクノロジーで誤差はあるかと。
でも数値が低い=しなるラケットである確率は高い。
これは間違いないですね。




肝心のレビュー前のレビュー予測

ここまで長々とテクノロジーの説明に付き合っていただきありがとうございます。
ここから題名にもあるレビュー前のレビュー予測に入りたいと思います。

今作の目玉といえばやはりピュアストライクと同じFSIパワーを搭載したことになるのではないかと思います。
2015年モデルはスイートスポットの目を細かくしたことでコントロールとパワーをアップさせる狙いがあったと思います。【ボールスピードはやや従来のものより落ちる?】
それを2018では目を大きくする仕様にするということは単純に反発力が上がると予想されます。
さらにグロメットの形状を多角形にする狙いはやはりスピン性能を向上を狙ったものであると考えるの妥当だと思いますので、
ウーファー部分の多角形とFSIパワーでは新作のピュアドライブ2018にボールスピードとスピン性能を与える狙いだと思います。

それでいて今作のRA【Stiffness】を抑えること【柔らかくする】ことは使用感にどのような影響を与えるというと反発力の低下と打球感の柔らかさを追求だと考えられます。
しなりの要素がそこまで強くなるとは個人的に思っていませんが、インパクトの時の打球感の柔らかさは確実にアップすると思います。

なのでテクノロジー同士でうまいことバランスをとっているという印象を持ちますよね。
FSIからFSIテクノロジーに変更することで強くなった反発力をRAの数値を下げることで反発力を下げて打球感の柔らかさも追求する。

なので私の予想では従来のピュアドライブよりもぶったたいた時のボールの威力はFSIテクノロジーの目が細かいモデルに比べて落ちるが
柔らかくスピン性能を上げ、反発力は従来よりやや上がると思っています。

反発力の項目に関しては海外でもいろいろな説があって、ウルトラシリーズやエクストリームシリーズのように打ってもコートに収まる。
のようなコンセプトのラケットで行くんじゃないかという意見もあります。
しかし、いろいろなラケットを使ってきた私の予想では、ガットの間隔が広くなるとかなりは反発力に違いが生まれるので落ちることはないかと思います。
うっても入る、というコンセプトをもし仮に使うとすればスピン性能を相当にあげて反発力はあるがスピンで落ちてコートに収まる。
という感じになるのではないかと予想しています。

まぁRAの数値やガットの間隔が広くなったことで確実に楽という意味では前作2015年よりも優秀になると思われます。
ガットの間隔が広くなったことによる反発力のUPそれとフレームを柔らかくしたことにる打球感【ホールド感】のUPによってより私のような一般トーナメントプレーヤー向きのラケットになるのではないかと思います笑

いかがでしたでしょうか。
ピュアドライブ2018のテクノロジーと2015との違いを加味して個人的に新作の打球感を予想してみました。
2018のテクノロジーについてもかなりまとめられたのではないでしょうか。
今まで手を出さなかったRAというものにもチャレンジしてみました笑

なんにせよこの新作発売されれば一秒でも早く購入できるようネットに張り付いていようと思いますので
レビューを上げるのをご期待ください♪

ものすごい長文の記事になってしまいましたが、ここまで付き合ってくださった方ありがとうございます!

フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP