全ての記事【新着順】

バーン 100 ツアー CV【BURN TOUR】 のレビュー前レビュー予測 新商品情報【スペック・テクノロジー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ヨッシー様画像提供ありがとうございます。

バーンCV100 TOUR 錦織ファンで95インチがつらいユーザーにとってはとても良いラケットなのではないかと思います。

バーン 100 TOUR CV【BURN】のスペック

フェイスサイズ 100インチ
長さ      27.25インチ
重さ      293g
バランス    330mm
ストリングパターン16×20
ラケットの厚み 22mm-22mm-22mm
適正テンション 50-60ポンド
グリップサイズ G1.2.3

こちらがバーン 100 TOUR CV【BURN】のスペックになります。

バーン 100 TOUR CV【BURN】のレビュー予測

この新作ラケットはなかなかにスペックが特徴的な印象を持ちます。

重さに関しては標準比べやや軽い293g
バランスはバーンらしいトップヘビー
グリップの長さは標準の27インチよりも0.25インチ長い仕様になっています。
ラケットの厚みはバーン95と同じ22mm

このスペックから判断すると単純にバーンCV95よりも一般トーナメント向けのラケットとなります。

バーンCV95はラケットの反発力もしっかりあり、柔らかさも持っていたのでかなり個人的に高評価なラケットだったのですが
女性やパワーに自信がない男性ではちょっとしんどいという声があったのでしょうか。
日本限定で100TOURの販売となりました。

フェイスサイズが大きなったことで単純にスイートスポットが広くなり、
重さが軽くなったことでラケットの扱いやすさがあがる。

インチが広くなったことでボールの威力に関してはやや劣ると思います。
その分反発力は上がりますね。

おそらくバーンCV95と打球感は近く、反発力が上がって扱いやすくなったラケットになると思います。

BURN CV95を現在お使いいただいている方はちょっと飛ぶなくらいの印象でラケットチェンジが行えると思います。

あくまで慣れの問題で一か月もたてば普通になりますが、一方で黄金スペックのラケットを使っている方はラケットバランスがややトップヘビーなのとグリップが気持ち長いのではじめは使いづらさを感じるかな。

私たち一般ユーザーにとっては今作のバーンCV100 TOUR錦織が使っているモデルよりも向いているスペックだと思います。
女性でも男性でも扱いやすいスペックをもとに作られていますね。

新作が出たらレビューしたいと思いますので、ご期待ください。

山田かつし様コメントありがとうございます!

今回からグリップサイズも記載させていただきました。
すでに書いたプロスタッフシリーズに関しましてもウルトラシリーズの記事を書き終え次第、順次追記という形でグリップサイズの記載をしていこうと思います。

重ね重ねコメントありがとうございます。
これからもかかってこいテニスをよろしくお願いいたします。

短い記事になりましたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP