全ての記事【新着順】

新作 ウルトラシリーズ 注目は ウルトラ100 CV 2017【カウンターベイル】 レビュー前のレビュー予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ヨッシー様画像の提供ありがとうございます。

ウルトラシリーズも新作が発売されます。
今年は新作ラケットが各メーカーバシバシ出てきます。

ウルトラシリーズで最も注目といえばやはりウルトラ100CVになると思います。
ウルトラ入るのウルトラに新素材のCV【カウンターベイル】が入ることでどのような変化が起こるのでしょうか。
とても楽しみです♪
ではとりあえず各ラケットのスペックから入りたいと思います。

ウルトラ100CVのスペック

フェイスサイズ 100インチ
長さ      27インチ
重さ      300g
バランス    320mm
フレーム厚   23mm-26.523mm-26.5mm-22.5mm
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G1.2.3
発売時期 2017年9月

現行モデルのウルトラ100のスペック

フェイスサイズ  100インチ
長さ       27インチ
重さ       300g
バランス     320mm
フレーム厚    23mm-26mm-21mm
ストリングパターン 16×19
となっています。

ラケットの違いはフレーム厚のみですね。

ウルトラ100Lのスペック

フェイスサイズ 100インチ
長さ      27インチ
重さ      277g
バランス    325mm
フレーム厚   23mm-26.523mm-26.5mm-22.5mm
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G1.2
発売時期 2017年9月

ウルトラ100ULのスペック

フェイスサイズ 100インチ
長さ      27インチ
重さ      257g
バランス    330mm
フレーム厚   23mm-26.523mm-26.5mm-22.5mm
ストリングパターン 16×19
グリップサイズ G1.2
発売時期 2017年9月

この二つは現行のウルトラのシリーズですね。
ウルトラは
97
100
103S
108
が現在発売されていますがそれに加えて女性や初心者、子供向けに軽いラケットを制作したのだと思います。

ウルトラ100CVのレビュー前のレビュー予測

新作のウルトラ100CVが現行のウルトラ100とどう違うのかとても気になりますよね。
スペックの違いだけを見るとフレーム厚がやや厚くなっているのが見受けられます。

それを見ると反発力を上げたのかな??
と思いそうですが、ウルトラのコンセプトである、ウルトラ入るがありますので極端に反発力を上げるとコンセプトに反するように思います。
なのでおそらくなのですが、ウルトラCVシリーズはブレードCVシリーズのようにがっつりめな打球感にしてパワーとコントロールを上げてくるのではないかと個人的に考えています。

それでいて新素材のCVを使うことで無駄な振動をカットする狙いもなんとなく見えてきます。

さらにグロメットの新構造を取り入れることでコントロール性能とマイルドな打球感を作り出しているようです。
ヨッシー様にいただいた画像の切れ端をみたところ、

ついにブレずにコントロールできる、マイルドな打球感のラケットが完成

このような文言がありました。

おそらくラケットの使用感自体は現行のウルトラよりも硬くなるのではないかと個人的に予想はしていますが、メーカーはマイルドを押しています。笑
ウルトラは日本ではいまいち人気がないラケットではありますが、メーカーの友人の話曰く海外ではけっこう人気のモデルだそうです。

私個人も確かにコートにウルトラ入るというメーカーの言葉通り、入ると感じています。笑
競技者レベルでテニスをしている方でアウトが多いという方はウルトラCV100はけっこう良い選択肢になるのではないかと考えています。

こちらのラケットも出れば速攻購入してレビューしたいと思いますのでご期待ください♪

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP