テニス ガット

ウィルソンとバボラのナチュラルガットの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

昔からウィルソンのナチュラルは品質にばらつきがある。
張りにくいという評判がありました。

実際テニスショップで働いていた経験からウィルソンのナチュラルガットは扱いが難しいと感じていました。

今回は知人のガットの製造に関わっている知り合いから得たウィルソンとバボラのナチュラルガットの違いについて書きたいと思います。

ウィルソンとバボラのナチュラルガットの違いはコーティングの厚みによるものが大きいらしいです。

製造工程でナチュラルガットは牛に腸をねじって作られるので当然自然のものでばらつきがあります。

その上にコーティングを施して私たちエンドユーザーは購入してお店に張ってもらうわけなのですが、
このばらつきに対する処理の違いで品質に違いを感じるようです。

ウィルソンのナチュラルはばらつきがあるところが細く、
バボラはばらつきがあるところが太くなっているのです。

説明が下手すぎて伝わらないかもしれません笑

たとえとしてシグナムプロのトリトン。
これは単一のモノガットで太い一本のガットの上に粒粒をちりばめてボールのひっかかりを作りスピンがかかりやすくなるというガット。

この粒粒の部分。
ほんのこんま数ミリの話ですがガットが太くなっていますよね?
これがバボラのナチュラルコーティング。

ウィルソンのガットのたとえを出すとすると
エッグパワー

こちらのガットはガットがねじれてますよね?
この細い部分がウィルソンのコーティング

要はナチュラルガットのコーティング部分でバボラは細いより太い。コーティングが薄いより厚い。
ウィルソンは太いより細い。コーティングが厚いより細い。

この違いでガットの繊細さが変わっているようです。

実際にどっちが本来のナチュラルの打感に近いのかということを考えるともしかするとウィルソンのナチュラルなのかもしれませんが、ウィルソンのナチュラルは製品によってばらつきがあって元から傷んでいるものもちょいちょいあります。【もちろんバボラにもあります】

またウィルソンのナチュラルガットの方がストリンガーの実力も求められます。

ナチュラルガットは高額すぎてなかなか張る機会もないのですが、自分でウィルソンとバボラのナチュラルの違いとかも書いていけたらなぁと思います

昔からあるウィルソンのナチュラルにはばらつきがある。
というのがなぜかわかって今回はとてもすっきりしました。

久しぶりの記事更新でしたが、ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP