テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います。)

俗にいうシコラーとは?? 勝つために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

かなり久しぶりの更新になってしまいました。
今回はシコラーについて書きたいと思います。

まず、シコラーとはなんぞや??

シコラーとはミスをリスクをできるだけ避けて中ロブやロブを駆使して相手にミスをさせてポイントを取るプレースタイルです。

中学生や、高校生の予選ではテニスの基礎をしっかり学んでいない子が勝つために”シコラー”になっているのをたびたび見ます。

シコラーって相手にするのしんどいんですよね。
ボールに威力がないから自分からしっかり打たないと威力出ないし、ずっとボールが返ってくる。

って私思っています。

つまり、嫌なんです。

シコラーって意味嫌われていますがテニスで勝つための戦略であって悪いことじゃない。
むしろ実力がない選手が勝つためには相手のコートになにがなんでも返すスタンスが大事です。

テニスは相手よりも一球多くコートに返せば勝てる競技ですのでシコラーもその勝つための一つの戦略としてみましょう。

シコラーと対戦するときに気を付けること

シコラーと戦うときはいつもの試合よりも基本を大事にすることが大事です。
特にですがロブ中心のプレーヤーを相手にするときはチャンスボールもたくさん来ますが、力んでいつものタイミングで取れない。高いボールをアウトする。

私自身最近は、シコラーとやると体力負けを喫することが多々ありますが、試合前半はほとんど優勢なんです。
これは無理をしない。これに限っていると思います。

・甘い球を無理にいいボールで返そうとしない。【次の一球で有利になればいいくらいの気持ちで打てば〇】
・前に入ってライジングが理想ですが、高いボールに対しては下がっていつもの打点でかまわない。
・いつものスイングで打つ。
・ボールをしっかりと引き込む【遅いボールに対して力んだ速いスイングではちゃんと当たらないのでしっかりとボールを引き込んで打つことを意識してください。】
これが大事です。




シコラーの弱点

シコラーの弱点って何かご存知ですが??
高いレベルでのシコラーって意外と自分以上のシコラーには手も足も出ずに負けてます。
市の大会の上の方のシコラー同士の戦いを見ていたら面白いくらいスコアに差ができます。
なのでシコラーの弱点は実はシコラーです笑

ですが、今回は一般的なシコラーの話です。
つなぐことのみに命を注いでいるシコラーには淡々と決めるポイントを当たり前にコースに決める。
シコラー上級者はこれをカウンターで返す技術があるのでさらにバツが悪いんですよ。

ただ、普通のシコラーはこういうのに総じて弱いです。
テニスをちょくちょく教える立場として教え子たちにいつも願ってかなわないのは
シコラーと当たることをチャンスと思ってほしいのです。

良くも悪くもシコラーテニスは限界があります。
錦織や杉田選手なんか時分からしっかり攻める展開を持っていますが、
西岡選手はカウンター型のテニスで、ワウリンカとの試合なんかを見るととてつもなく頑張っていて
ポイントもしっかりもぎ取って素晴らしい試合をしていましたが、ワウリンカ選手のボールパワーの前にはあと一歩。

シコラーテニスは自分から展開がほとんどないから後手後手に回るしかないのです。

相手としてはやりにくくて嫌なシコラーなんですが、自分のテニスを一歩先に進める【ゆっくりなボールでも展開を作れるようになる】ためには最高の対戦相手なんです。

しかもやることは普段の練習通り。基本に忠実に。当たり前のことをすればよいのです。

私はつい最近年齢別の優勝しているおっちゃんのシコラーにしこり負けたのであまり人のことを言えた立場ではないのですが笑

体力が少ない弱点を補う速いポイントの取り方ができていなかったと激省しております。w




勝つためのポイント

・ロブばっかりのシコラーにはスライスで低いボールを打たせる。
これけっこう大事です。スライスボールがきっちり決まれば高いボールを返球しずらくなります。
相手の返球次第では打ち込むチャンスが生まれます。

・相手にいつも通りの態勢で打たせない。
これもかなり大事。相手がしっかり準備する間を与えない深いボールが理想ですが、左右に振ってもいいと思います。
そういうボールが来たときはさらにふんわりロブの可能性もありますが、浅い返球が来ることもあります。
その一球を絶対一発で決めようとしなくてもいいので攻めましょう!
有利な展開が作れます

・返球で”あ、これ俺打てるわ”というボールは見逃さない。逆にシコラれているときは無理しない。
シコラーのボールってどれも打ち込めそうな気がしますが、全部攻めていてはしんどいです。
自分が得意なショットの時まで牙は研いでしまっておきましょう!

勝つための練習

カウンター型のシコラーだと条件は少し変わりますが攻めてこないシコラーには鉄板の勝ち方があります。

それはボレーとスマッシュの練習です。
高校や中学の予選や社会人の初心者レベルのシコラーならこれで一発です。

個人的には教え子にはストロークで押し切って勝ってもらいたいところですが
引き出しは多いにこしたことはないので対シコラー対策では
ボレーとスマッシュの大事さを説いています。

カウンターのないシコラーに対しては多少無理にネットにつめてもかまいません。
一発で決めれるボールがありません。
ボレーを速くなくていいです、それなりのコースをついてロブを待ちましょう。
あとは速くなくていいです。ゆっくりスマッシュ打ちましょう。

シコラーは速い展開になれていないのでボレーとスマッシュでネットに近いところでボールを打つだけでかなり崩れてくれます。

肝心なのはストロークと同じで無理をしない。
アプローチはできればスライスでコースをつくといいと思います。

いかがでしたか??
シコラー対策について書いてみました。

シコラーに対しては無理はしない。
いつも通りのテニスを心掛ける。

基礎がないと同じしこりあいにあって泥沼にはまるので一番大事なのはベースアップですね!
少しでも参考になれば幸いです♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP