テニスが上手くなる方法(完全に持論ですが参考になると思います。)

猿でもわかる!!横に跳ねるスピンサービスの打ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

今回はテニスのスピンサービスの打ち方について書きたいと思います。

題名がかなり調子に乗ってしまっていてすみません。((+_+))
友人からのリクエスト題名で”猿でもわかる!!”と書いていますがどうかお気になさらずにお読みください!

それはそうとしてスピンサービスを覚えるとかなり武器になりますよ。
普段練習で使っているボロボロのボールだとチャンスボールになりがちですが、
試合の新球で打てば伸びるスピンサービス。

横に跳ねるスピンサービスはダブルスで勝つにはレパートリーとしては必須のアイテムです。
低確率だけど入れば高確率でポイントが取れるフラットサービスよりも確率の高いスピンサービスとスライスサーブのほうが重要です。
【トップスライスやスライス、ツイストサービス、スピンサービスといろいろあります。】




スピンサービスの打ち方・基礎編

・肩を最後まで残すイメージを持つ
スピンサービスを打つにあたってまず大事なのは肩がしっかり入っているということです。
他の言い方をすれば身体早く開かないということが大事です。

・腕の振りは横上に振り上げる【ボールを持ちあげるイメージで打つ】
スピンサービスと他スライスやフラットサービスとの一番の違いは腕の振りにあります。
スライスやフラットサービスは腕の振りが最後は体の左側で終わります。
スピンサービスは体の右側に振り上げるのが一般的です。【人によっては体の前くらいに来る人もいます。】


フェデラーのサービスの動画です。
スピンサービスは後半になりますが、フラットやスライスサービスとの腕の振り方の違いを意識してみてください。

・できるだけ無駄な動きを削る
スピンサービスは正直スイング速度さえあれば粗削りでも回転数でネットの高いところを通してコートにねじ込めるという意味で高確率に入るサービスですが、インパクトはなかなか繊細なショットでもあります。
なのでインパクトまでの動きはパパっと終わらせたほうが良いです。
打つまでの準備が遅い人はスピンサービスが安定せずにネットやオーバーでのフォルトにつながります。
打つ時のフォームにばかり意識がいきがちですがサーブを打つまでの準備をしっかりと早い段階で終わらせる。
基本的なことですがここをおろそかにしてはいけない。




スピンサービスで最も大切なことは実はプロネーション

サーブ打つ時に大事なプロネーションの動き。
スピンサービスはフォームが違うし関係ないと思われがちではありますが、このプロネーションの動きが超重要なんです。

プロネーションは体全身の運動連鎖から行われるものですが、サービスに関しては
・内旋
・回内
の動きが腕の動きです。

内旋は肘を直角にして、肩を前に動かす肩関節の動きのことで、回内はよくプロ選手のスローモーション写真などである肘を外にひねる動きのことです。

個人的にですがスピンサービスで大事になるのは回内の動きです。

パチンコの握るところを捻る動きわかりますか?
ハンドルを右に捻るのですが、その動きの真逆の動きのイメージを私持っています。笑

とてもわかりやすい動画ありましたのでご紹介したいと思います。

鈴木選手の動画なんですがインパクトしてからの手首の動き注目してください。
手首がインパクトから手首が内側に曲がっていってます。

この動きが横にはねるスピンサービスのすべてとは言いませんが大きなウェイトを占めていると思っています。
現役プロもですが元プロの鈴木選手のサービスとても参考になりますね。

あと動画探しをしていておすすめの動画もありましたので合わせてご紹介したいと思います。

アメリカの有名なテニスコーチのレッスン動画です。

後半の選手のサービスもとても美しいです。
これだけ横にはねたら理想ですw

是非こちらの動画も合わせてご覧ください。

コツとしてははじめは全部まねようとしてもうまくいかないと思いますのでプロネーションの動きをしっかりとつかんでから下半身の動きなどを取り入れていくと一つ一つテクニックを消化していけると思いますので
一つ一つの動きを自分の中で理解して進めていくことをお勧めします♪




フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP