全ての記事【新着順】

フォアハンドもバックハンドも厚く当てれずネットが多い時の対処法 上達法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR




先日テニスをしているときの事で
”バックハンドもう少し厚くあてたいんだけどどうしたらいい?”
と聞かれました。

そこでそこから質問者のバックハンドをなんどか見ていたのですが左手のグリップがウェスタングリップで、とても厚い。

私はバックハンドの握りが右手も左手もウェスタン握りのフラッドドライブタイプの人間でたまに厚いグリップで打つととてつもなくスピンはかかるのですが威力不足になりがちなのが嫌で薄いグリップで打っています。

そこで質問者にも同じように左手のグリップを薄くしてみてはという提案をしてました。

そうするとこんどはアウトが増えました。
本来はインパクトしてからボールをつぶしてスピンをかけるのが理想と考えていますが、
質問をしてくれた友人はグリップの厚さを利用してスピンをかけていたので薄くしたとたんスピンがかからずアウト量産というわけです。
ただし、厚く当たらずネットという問題はクリアできました。

そこからは厚いグリップで薄いグリップと同じ当たりを実現できればよりスピンのかかった威力のあるボールが打ち込めるようになります。

薄いグリップでボールをしっかり打つ感覚を手に入れてそれをそのまま厚いグリップで実践する。

今回はバックハンドで説明しましたがフォアハンドでも同じです。
厚い当たりなくしてテニスは上達できないと思います。

ちょりちょりのスピンボールしか打てない選手は実力のあるボールを潰して打つ選手には勝てません。
小学生や中学生、高校生の試合の予選レベルでは通用しても本線ではぼこぼこになるのではないかと思います。

ボールをしっかりと引き込んで厚い当たりでインパクトする。
できるだけ再現性の高いフォームを繰り返す。

テニス上達がはかどるのは意外にも地味すぎる練習の積み重ねですので皆さんもあたりが薄くてボールに威力がでなかったり浅いボールやネットが多いが当てはまったら少し意識してチャレンジしてみてください。







フェデ太郎

投稿者の記事一覧

新しいラケットを使うのが大好きでほとんどのラケットを使用してきました。
新作のラケットを積極的に使ってレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

come on tennis 公式ツイッター

PAGE TOP