WTA 女子プロ ウェアルール 変更を発表。

女子のウェアってセクシーですよね。

観戦する立場からしても女子プロにはセクシーで美しいユニフォームを着てて欲しいと思います。
商業的に見てもそっちのが売り上げのめどが立ってよかったりするような気もするのですが笑

そんな流れをぶち壊し変えようとしている選手がいます。
セリーナウィリアムズです。



まぁ理由は至極まっとうで納得してしまいます。w
今年の全仏オープンでキャットスーツと呼ばれる全身黒タイツみたいなぴっちりしたウェアでプレーをしたのですが、これが物議をかもしました。
セリーナがこのウェアを着た理由は出産後に血栓症になったため、圧縮機能のあるウェアを身に着けることによって、血栓症の再発を防ごうとしてのことです。

納得の理由。
しかもキャットスーツの上にウェア着るとその分重くなるしキャットスーツだけの方がいいですよね。

個人的には美しいプロ選手にはミニスカを履いていてほしいという願望もありますが、
今回の規則の変更で事実上キャットスーツもOKになったわけで今後女子のウェアのトレンドがどうなっていくか気になっていくところです。
皆さんも注目しましょう♪