ズべレフ 全豪のタイブレーク制導入を批判 

世界ランキングベスト4のアレクサンダーズべレフが全豪オープンでのタイブレーク制導入について批判的な意見を述べているようです。

理由は選手たちに相談されずに大会から”特別なものを”を奪うからとしています。
特別なものとは

「この変更はあまり好きじゃない。第5セットを12-10やそれに近いスコアで取って勝利すれば、特別に感じられるからだ」「僕はそういった状況や試合を本当に楽しんでいた。たとえそれが肉体的にタフだったとしても」「これで、ローラン・ギャロス(Roland Garros、全仏オープン)を除く全ての四大大会(グランドスラム)でタイブレークが採用されることになった。僕は支持しないが」

このタイブレーク制とはテニスプロのツアーのスケジュールがタイトなことで怪我人が続出したことで生まれた制度です。

トッププロたちが続々と倒れていったのでそういった選手たちからの不満の声に運営側が答えたというものです。

ズべレフはまだまだ若いですから。
体力勝負に持ち込めるのであればそっちのが良い考えなのでしょう。

あと10年たって同じことをいうなら聞いてあげましょう
と思ってしまうのは私だけなのでしょうか。笑

今年はケビンアンダーソンとイズナーがウィンブルドンで最終セット26-24でアンダーソンが勝ったという試合があったのですが
そのあとジョコビッチにぼこぼこに負けたんです。

確かにやばいですよねw

試合を見る立場に人にとっても惨殺ショーは見る価値がないですし、人気選手が怪我で大会に出場できないと大会主催者もシャレにならない。
そういった大人の事情とプロの体の問題が重なってのルール変更。

まだまだ若いズべレフの意見はスルーされて終わりかな?笑