【考察】イーゾーンシリーズのフレームが硬く感じるのが不自然だから理由を考えてみる

ヨネックスの特にイーゾーンですがフレームがしならず硬いと個人的にずっと思っておったんですが、
今回はなんで硬いのかを考えてみました。【あくまで個人的予想】

シャフト部分のフレームが薄いのに何故か硬い/h2>

イーゾーン98のフレーム厚

次にイーゾーン100のフレーム厚

本来であればフレームが薄いほどしなりの要素が加わります。
この二つのモデルのヘッドとヘッド横の部分の方がシャフト部分よりも分厚い設計となっています。

なかなか珍しい取り組みでこういったラケットは今まで少なかったと思います。

ですが実際のところイーゾーンシリーズにしなりの要素はほとんどないと思います。

おそらくシャフト部分の素材を硬い素材にして薄くなったシャフトの強度をあげにいったのだと思います。
だから、薄いシャフトなのに硬い。

だからより競技者向けのモデルになったのだと思います。

じゃあ、VCOREはどうなっているのか見てみましょう。

V COREのシャフト部分

ブイコア95のシャフト

ブイコア98のシャフト

ブイコア100のシャフト

実はほとんどフレーム厚は変わりません。
で使ってみた使用感はブイコアの方が打球感は総じて柔らかい。
これって不自然ですよね。

おそらくは新しい素材がブイコアで採用されてるのが大きいのではないかと思います。

新素材NAMD【エヌアムド】

これをシャフト部分に入れたことによってイーゾーンよりも柔らかさが出たのではないかと個人的には思っています。

加えて最近発売された新作のブイコアプロではどうなっているかというと

シャフト部分のより多い部分がNAMDになっています。
まだレビュー記事を書いていないのですがすでにこのモデル使っています。

めっちゃフレームしなります。笑
ブイコアプロ97

ブイコアプロ100

フレーム厚は見ての通り一番薄いのでしなるのは当然かとも思えますが数字以上に明らかにしなりの要素が大きくなっています。

メーカーが狙ってしならないラケット。中間のラケット。めちゃくちゃしなるラケットを作っているのかもしれませんが、おそらくはイーゾーンシャフトを薄くした割に予想より硬いモデルになってしまったのではないかと個人的には思っています。

それは次回のイーゾーンの新作モデルにNAMDが搭載されて柔らかさを出してくるかでわかりますかね笑

私の予想通りなら

”あ、イーゾーン思ったより硬くなっちゃった。”ブイコアはもうちょっと柔らかくしなくちゃ➡︎NAMD搭載。
で試験的にさらに柔らかくなったブイコアプロってなったんだと思います。

まとめ

シャフトが薄いにも関わらずあそこまでイーゾーンのフレームがしならないのはおそらくシャフト部分に使った素材を折れやすい部分なだけに硬い素材を導入したためのなのかなと思っています。

ブイコアモデルに搭載されているNAMDの効果のためかそれ以降柔らかさがましている点もなんとなくその方向にヨネックスが向かっている気がします。
フレームがしならない方が柔らかさを失う分パワーの伝達効率がよくなるのは事実なので別にイーゾーン自体には何の問題もないのですが
フレーム厚が薄いのに固すぎるラケットということで気になったので今回は記事にしてみました。

おそらくは今後のモデルには搭載されると思うので皆さんもちょっと気にかけてみてください笑