【前代未聞】フェデラー ナダル ジョコビッチ ビッグタイトル数が並ぶ

三人の偉大なレジェンドが横一線に並ぶ

男子プロテニス協会のATPが2019の全米オープンでナダルが優勝したことである記録に
レジェンド三人が並ぶことを発表しました。

それはビッグタイトルで、フェデラー、ジョコビッチ、ナダルが並ぶことです。

ビックタイトルとは

ATPが定めているビッグタイトルとは
四大大会【全豪、全仏、前衛、全米】
ATPファイナル
ATPマスターズ1000
のタイトルのことを指しています。

今年33歳のナダルの全米優勝により。タイトル保有数が54になりました。

この記録は
フェデラー
ジョコビッチ
ナダルが現在横並びとなっています。

年齢的に今後記録を伸ばしていくのは
ナダルかジョコビッチでしょうが、同じ時代、同じ世代、同じ現役選手の中でこのビッグな記録を保有する選手が三人いるなんて恐ろしい時代ですね笑

こんなレジェンド三人がいる中現在、現役の選手はたまったものじゃないですね笑

レジェンド三人のグランドスラム優勝回数は今どうなっているの??

余談ですが、2019年のグランドスラムが全部終わった現段階での三人のグランドスラム優勝回数ですが
フェデラー 20回
ナダル 19回
ジョコビッチ 16回
となっています。

ナダルは33歳
ジョコビッチは32歳
フェデラーは38歳

ビッグタイトルも含め今後誰が抜きんでるのか、はたまたネスストジェネレーションからこの三人の中に割って入る選手が出てくるのか、楽しみですね♪