【悲報】 錦織圭が東京オリンピックに出れない

日本テニス協会が11/18日から始まるデビスカップ胚決勝【スペイン開催】に錦織選手が出場しないことを発表しました。
欠場は右肘の怪我のため。

これにより錦織選手のオリンピック出場権が満たされないことが決まりました。

オリンピック出場の条件とは??

前回のオリンピック後代表戦に3回。そのうちの一度はオリンピックの前年と開催年に出場していることが条件なのですが、
錦織選手の最後の代表戦の試合はリオデジャネイロオリンピック直後2016年の試合です。

なので回数。オリンピックの前年と開催年のどちらの条件も満たしていないのでオリンピックへの参加権は持っていません。

でも例外がある

そんな残念なお知らせですが、まだチャンスはあって、それは例外規定の申請を国際テニス連盟に提出することです。
例外規定に当てはまるのは怪我で出場できなかった選手や、突如彗星のごとく現れたスターでオリンピックの出場権を持っていない選手です。

日本テニス協会と、錦織の所属事務所であるIMGは例外規定を提出するつもりのようです。
錦織選手は前回のオリンピックでは銅メダルを獲得している日本のエースなので適用される可能性は大いにあるようですが、今のところは出場できる可能性がまだある程度です。

錦織選手も年齢と最近の怪我の頻度を考えるとおそらくこの東京オリンピックが最後の五輪の出場になると思います。
日本にはまだ杉田など強い選手はいますが、優勝できるのは錦織選手が圧倒的に確立が高いだけに、是非とも出場して欲しいです。