テニスでネットが多い人向けの処方箋

テニスをプレーしていてミスのタイプがネットが多いという方に参考になる記事を書いていきたいと思います。

ネットする原因とは??

まずはネットをする原因について

技術的な問題でのアプローチ

インパクト時に面がまっすぐになっていない

スピンをかけようとするとフェイスを斜め下方向に向けてしまっているケースです。
ちなみにフェイスを上に向ければそのままちゅどーんとアウトします。
*これでも、アウトミスであってネットミスは改善できていますので成長ですよ♪

インパクト時のフェイスは真っすぐ。
これってテニスの原則の一つだと思います。

トップ選手のフォアハンドの画像を貼らせていただきましたが、当然のごとく皆さんインパクト時のフェイスはまっすぐを向いています。

まずネットが多い方の技術的な問題でのアプローチはフェイスがまっすぐ向いているかどうかです。

スイングができているか。

ネットミスが多い方の中に多いのがスイングが完結できていない方です。
これは高いボールを打つ時や、低いボールを打つ時に多いのですが、スイングをインパクト付近で減速や、止めてしまうということです。

スイングスピードの速い、遅いにかかわらず自身のスイングを完結させることはプレーの安定性に大きく関わることなので一度自分がスイングをしっかりと完結できているかご確認ください。
テイクバックからフォワードスイング、インパクト、フォロースイング。
スイングスピードは遅くても良いのでインパクト時に最も速いスイングになっているかが大事になってきます。

ワイパースイングをしすぎている

インパクトのフェイスがまっすぐになっていてもワイパースイングの動きが上下方向にのみ動いているとボールに伸びがなく、回転量だけのショットになってしまいます。
また、前にボールを飛ばす推進力が乏しいのでネットか浅いボールになりがちです。

ワイパースイングと同時にラケットヘッドが前に走るようにすることでボールに勢いが生まれるのでご確認ください。

ギアからのアプローチ

ラケットとガットが反発性がないものを使っている

ラケット編

反発性がないラケットとはほとんどがフレームの薄いラケットです。
デザインの好みだけでラケットを選ぶと失敗することがあるので注意しましょう。
例えば現行モデルでいう、
プレステージシリーズ、
スピードシリーズ
V CORE PROシリーズ
E ZONEシリーズなどは基本的に反発力が抑えられているモデルです。

他にも各ラケット、ツアーモデル、プロモデルなどは重く、振り抜きにパワーが必要だったり、ストリングパターンが細かかったりと反発力を抑えられているモデルがありますので、標準的なモデルか少し軽いくらいのモデルを選ぶと良いでしょう。

またバランスも大事でパワーに自信がない方はバランスをトップよりのラケットにしてあげるか。
もうすでにラケットを持っている方がほとんどだと思いますのでバランスを変えるものを購入してヘッド側に張ることで振り抜きを良くしてあげると良いでしょう。
リードテープ バランス変えたいときに使うギア
こういうものがラケットのバランスを変えられるものです。

・フレーム厚が17-21mmのラケットは低反発なものが多い。
・ストリングパターンが18×20のものは反発力が低いものが多い。【16×19が標準です】
・重いラケットはそもそも振り抜きにくく、バランスがグリップよりになりがちなので自分の力でスイングしなくてはならなくなってしんどい
【軽いラケットはトップヘビーのものが多く振りぬきやすくなっています】
ガット編

ガットですが、一番多いパターンはテンションを異常に高く張っているケース。
私の周りではラケットにもよりますが、52ポンドよりも低いテンションで張っている方がほとんどです。
高いテンションはなんだかかっこよいみたいな風潮がありますが、スイングスピードがよりタイトに要求されますし、競技者ではないかぎり必要ないと思います。
現在ネットが多い方は思い切ってテンションを下げてあげていいと思います。

また、そもそもガットの反発力に乏しいガットを張っている方。
ツアーバイトや4G、ヘキサブレイドなどの硬めのポリを使っているケースが多いと思います。
こういう方は柔らかいポリにしてみると良いと思います。

柔らかいポリを使っていてボールが飛んでいない方はナイロンガットの移行もよいとおもいます。
ナイロンの中でバランスが良いのは
AKPRO

柔らかさを重視されたいなら

等でもよいと思います。

ガットの選び方に関しては

こちらでまとめているのでよければご覧ください。

・テンションが高くなりすぎていないか
・硬いポリを使っていないか
・柔らかいポリで飛ばない人はナイロンガットにする必要もある。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
テニスラケットやガットはあくまで補助【けっこう影響出ますが】なので本来は自身のスイングを見つめなおして欲しいところではあります。
スイングを見つめなおした上でガットやラケットを合ったものにしていくことでより求めているプレーができていくと思います。

ネットが多い方は技術面でのアプローチをしっかりと挑戦していただいてからギア選びに進んでいただければと思います。

最後にここまで読んでくださった方ありがとうございます♪